Entry

Blog Top > その他

今年の誕生日

先日、私の誕生日でした。

1月24日で34歳にもなりました。
今年で結婚して5年目になります。

はやいものです。
娘ももうすぐ三歳。

はやいな〜

今年は(face bookもやっていましたので、)沢山の方達からお祝いのメッセージを頂き感動しました!
例えばこんなすてきなお花とかの写真♡

ファイル 28-1.jpg

とってもきれい!

お花を頂いて喜ばない女性は女じゃない!って思います!
お花はどなたから頂いても嬉しいです!

同級生からもすてきなカードが届きました〜♡

ファイル 28-2.jpg

こんな素敵なのも♡うれしかったです!

ファイル 28-3.jpg

なかでもすごいのが!アンナの似顔絵!!

ファイル 28-4.jpg
ファイル 28-5.jpg

すごいそっくりだと思いませんか!?
すごいすごい嬉しかったです。
FBを通じて才能溢れる皆さんと出会えた事に感謝しています!

今年一年またがんばろう!って思いました~

-----------------------------------------------------------------------------

手紙ってドキドキする

私はかわいい便せんや封筒が大好きです。
密かに、自分で便せん用のさし絵を描いたりします。
最近は忙しくて描いてないけど、久しぶりにまた描いてみようと思います。
自分で描いた絵を使ってオリジナル便せんや封筒、メモ、手帳など作ってみたいと思っています。
大好きな「紙もの雑貨」を
ミニミニショップ「naminami」
にも増やして行く予定でいます。

皆さん、おたのしみに!(笑)

ところで、手紙と言えば、私は郵便局のこのシールがすごく好きです。
「手紙ってドキドキする」。。。。
お手紙をいただくのは嬉しいものですよね。
手紙を開ける時はドキドキします。
私自身も友達やお客様によく手紙を書きます。
今まで友達や大好きな祖母にもらった手紙は大切にファイルしています。
あとから読み返してみると歴史やその時の人生を感じて楽しい気持ちになります。

ファイル 27-1.jpg

祖母の面白い手紙を紹介します

ファイル 27-2.jpg

母心ですね。
「いじめたらだめだよ」には笑ってしまいました。
私の祖母は主婦として100点満点の人です。

厳しい戦争時代を生き抜き、
子供も立派に育てた人だと思います。
洋裁も和裁も編み物も完璧に出来、
お掃除もすごくキレイです。
お料理も何を食べてもおいしいです。

今の私には祖母の様になるのはまだまだ経験が足りませんが、
いつか母親、
妻として
そういう女性になれたらいいなと思います。


祖母のお話ですが、
昔、東室蘭の駅で祖母が若い時に艦砲射撃にあい、
目の前で鉄砲が乱射され、
歩いていた人が次々に目の前で倒れたそうです。
そんな中、
祖母は夢中で防空壕に逃げて、
飛んで中に間一髪で潜り込み、
命があったと話していた事が今でも私の記憶に有ります。
本人もどうやって逃げたのか覚えていないけど、
防空壕に向かってまっしぐらに走ったそうです。
そんな中、
防空壕にたどり着けず、
命を落とした人も沢山いたと話していました。

今年86歳ですが、
今でも現役の主婦業を立派にこなしています。
元気に家事や料理を家族の為に一生懸命作っています。
たまに私の仕事が忙しい時にオーダー製作を手伝ってもらったりしています。

祖母からもらった手紙は私の何よりの宝物です。
これからの私の人生の糧にしていこうと思っています。
------------------------------------------------------------------------------------

あこがれる先生(Dr)

先日、テレビで「神の手」と称される脳外科医の福島先生を拝見しました。
たびたびテレビで見て、すごい先生だな〜と思っていました。
Dr.の仕事に対する姿勢や
テレビで言っていた言葉に私は感銘を受けたのでご紹介させて頂きます。

70歳を超えるご高齢ながら、
福島先生は
「私は、日本でナンバーワン・世界でナンバーワンを常にずっと保っております。
その理由は、私はそれだけ働いているからです。
何度も何度も練習をして、
人の何倍も努力をして技術を磨いています。」
とおっしゃいました。

この言葉にビビビっと来ました。
いつも私は「働いても働いても楽にならない・・・」等、
口に出したり、思ったりしたこともありました。

でも先生からみたら私は全然駄目!
もっともっと働いて、
一生懸命技術の向上を死ぬまでやり続けようと思いました。

いちいち人から嫌な事言われる度に凹んでいたらだめだな!!
って改めて思いました。
私も頑張ろうと思います。

色々な事があっても沢山の命を救う為に毎日働いている福島先生。

すごいな〜

今年はすごい人や頑張っている人を見習って、
少しでも自分に取り込んでやっていこうと思います。


これからの私より若い人にも是非、
困難にも負けず熱く人生を切り開いていってもらいたいな〜って思います。
自分の娘にもそう思います。
私たち両親はいつまでも生きていられないと思います。
いつか娘より先に死んで行くと思うのです。
頼りになるのは「自分自身」です。
誰かが幸せにしてくれるのを待つのではなく、
自分から幸せを探してもらいたいです。

母である私は娘の幸せがすべてです。

勉強も運動も出来なくてもかまいません。
でも、
ちゃんと自分の意志を持ち、
自分で自分の人生を切り開いて行ってくれたら
私=ママはとても嬉しく思います。

娘には人の役に立つ人間になって欲しいと思います。

そんな優しさを備えた女性になってくれたらな〜と、
まだ2歳だけど、そう思います♡


http://ja.wikipedia.org/wiki/福島孝徳
--------------------------------------------------------------------------------

先生と呼ばれる人

これから、私の周りの「人生の先生」といえる方々をご紹介していきます。

まず、私の人生に大きな転機と影響と刺激に試練をくれた工藤洋裁教室の工藤泰子先生。

<工藤洋裁教室・講師プロフィール>
http://www.e-yousai.com/profile/profile.html

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は工藤洋裁教室で25歳~31歳まで通って勉強させて頂きました。
ミシンも使った事の無い私に、洋裁の事を一から教えて下さいました。
パターン検定の資格も先生のお陰で取得出来ました。
私は工藤先生と出会っていなかったら、今この仕事をしていなかったかも知れません。

工藤先生の言葉が私の励みになり、私自身、心で感じ取れるようになった事は私の人生には大きな収穫でした。

先生はよく「人生は思う通りにいかないものよ」って言います。
「その中でどうやっていくかが大事なの」って話してくれました。
本当にその通りだと思います。本当に思った通りにはいかない。
それが試練です。
でも諦めずに問題に立ち向かい、逃げずに乗り越えたら頂上が見えて来る。
でもまた次の山が目の前に・・・の繰り返しです。
思い通りにいかなくて当たり前。
障害がある時はベストな道を全力で考え、実行する。

先生には、
「もし思い通りに行かなくても、何事にも手を抜いてはいけない。
ベストを尽くす努力を惜しんではいけない」
と言う事を教えて頂きました。

もう一つ、「対人関係は占いと一緒よ。
良い事言われたら喜んで信じて、
悪い事言われたら受け流すか気をつけるかをすればいいだけ」
ともお話してくれました。
なるほど!と思いました。
私は今まで、
人に言われた良い事も嫌な発言もまともに受け取って、
悶々と悩んだりした事もありました。
それが続くと、
疲れが溜まって空回りすることもありました。
でも、
上手に考え方のコツさえ掴めばそんなに気持ち的にしんどいな~ってことが前より半減されたなって最近思います。

言葉は「武器」にもなる奥深いものだと思います。
相手を癒す事も傷つける事もあります。
なので私は前置きを必ずします。
「きつい言い方してごめんね」
「嫌な人と思われてもいいから聞いてね」等。。。
最近傷つくことをお客さんから言われて
「アドバイスありがとうございます。
でも少し傷ついたわ」と少し自分が出せる様になりました。
軽はずみな発言をしなくなったり、
その場の空気を読んで、どんな人でも平等に受け答えが少し(笑)出来る様になったのは工藤先生のお陰です。
先生と接していると、
先生の言葉、態度、すべての事に愛情を感じ取ることが出来て、
また一歩前進する力が湧いて来ます。

さすが!「先生」です。
私には先生の様になるのは無理だけど、
教わった事は人に伝えたり自分で学んだりして次の世代に伝えて行こうと思っています。
すべては
「頭ではわかっている」
ではまだまだです。
すべては
「心」で感じ取る事が「理解」というステップにつながっていると私は思います。
すべては「心」です。
それは私の作品作りの「魂」=Soulにつながることなので、
たとえ傷ついても自分に磨きをかけていこうと思う毎日です。


誰にでも辛い事があると思います。
誰にでも悲しい事があると思います。
先生はよく「苦労した人は美しい」と言います。
本当にそうだと思います。
辛い思いをしないと人に思いやりの気持ちは持てないと思います。
私は今でも泣き叫ぶ’(笑)くらいの嫌な事が、しばしばあります。
よく泣いてます(笑)泣いて冷静になったら、先生の言葉を思い出し、
これは人に思いやりと優しさを持つ訓練だと自分に言い聞かせて頑張っています。
そして工藤先生と出会えた事を深く感謝しています。

辛い事の連続は長い目で見たら
その先にある「光」の為のstepだと思って皆さんも頑張って下さい!!

人生悪い事ばっかりじゃないと思います!


everybody beautiful!
-----------------------------------------------------------------------------------------

人との出会い

最近、FB(フェイスブック)に自分の近況やAbout Namiの作品をUPさせているからいいかなと思ってブログもさぼりがちになっていたので、これからはもっと細かく日常の事や作品の事を載せようと思います。

先日FBって何ですか?と聞かれて、「ソーシャルネットワークです」と言っても何が何の事か分からない人も多いし、私もFBやるまでは知らなかったし、Web検索出来る人の為にちゃんとやっていきますので宜しくお願い致します!

最近嬉しい事があったのでお知らせします。
私自身、こうやってバッグを自分で企画、縫製、パターンも作りデザインもやります。
販売も自分でしたり紹介をもらったりしています。
素晴らしい職人さんにも手伝ってもらっています。

でも!私の存在意義は何だろうかと最近悩んでいました。
私はパターンナーでも無い。
経営者は主人が社長、私はアシスタントでもない。。。じゃあ何なんだろう。。。
自分の立ち位置がはっきりしないと人生を歩いて行けない私、私にはどんな役割があって。。。
と悩んでいた時に素敵な出会いがありました。

先月、FBを通じて旭川のアトリエダイスさんの代表の川口さんに出会いました。
藤野の山奥まで、旭川からご夫妻で車で来てくれたんです(涙)
そのときにグッチさんは(川口さんなので、グッチさんと呼びます。)
「名美さんは、自由な発想で物を作るアーティストだ。」
と言ってくれたのです。
確かに私は、自称「アーティスト」と思っていましたが、あのとき初めて、他の方から「あなたはアーティストだ」と言っていただけて、とてもとても嬉しかったです。
今思い出しても涙が出て来そうです。

ちなみにグッチさんはこうも言って下さいました!↓↓


私が逆にお聞きしますが…
名美さんはアーティストじゃないとおっしゃるならば、単なる商売をされている方なのでしょうか⁉
私は違うと思いますよ(#^.^#)
ご自身でデザイン・パターン制作・縫製までこなされているので私から見たら立派なアーティストだと思います(^∇^)


私は本当に嬉しかったです。すてきなご夫妻には感謝しております。
なので、来年からは自分の名刺に高木名美「アーティスト」と肩書きを入れたいと思います!

自分の役割と立ち位置が定まった今、気持ちも明るくなりました!!
これからも沢山作品を縫って沢山の人に愛用されるバッグ♡を目指して頑張ります。

この場を借りて、アトリエ ダイスさん、ありがとうございます!

アトリエダイスさんのブログです!是非ご覧になって下さい♡
http://ameblo.jp/atelier-dice816/entry-11429042941.html

私も頑張ろう!

ファイル 22-1.jpg
今はちゃんとした看板がついていますが、会社を興す前はこうだったんですよ〜
-----------------------------------------------------------------------------

中華風おこわ

ファイル 21-1.jpg

材料

うちにあったもの。
もち米 3合
豚肉200gの角切り1パック
あげ(5枚入り)一袋
ブナピー1袋


調味料
醤油 大さじ1
お酒 大さじ1
塩  ひとつまみ
隠し味にお酢を小さじ1(お米がふっくらになります)
にんにく ひとかけら
ショウガ 大さじ1(私はしょうが大好きなので多めに入れます)

1.もち米は1時間以上うるかす。
2.うるかしている(うるかすは北海道弁で浸すという意味です)間に、フライパンにごま油を大さじ1ひいて、
 材料に火を通す。
3.もち米を耐熱容器に入れて、レンジで10分チン。
 私は800Wです。
 お水はお米にひたひたになるくらい。
4.もち米をかき混ぜたら、塩をひとつまみかける。
5.材料を入れてかき混ぜる
   ↓
最後に600Wで6~7分チンして出来上がり
-----------------------------------------------------------------------------------

子育て

最近、娘は気がつくと一人遊びをしていてくれるようになりました。
まだまだ私が仕事をしていると邪魔したりしますが、前からみたら随分よくなりました。
娘の成長を見ていると、世の中、白黒つけなくても良い事が沢山あるんだな。
って思いました。
私の頭の中では
他人と自分を比較していては何も始まらない」と分かっていましたが、
でも実際は私はまだまだ縫製がうまくない。。。
でもあの人の方がうまい。。。
いいな。。
とか思ったりしていました。

でも、そんなことを比較しても仕方ないし、
私は私で頑張れば良い話です。
それよりは、もっと心を広くもって、
これから会社の打開策、
どうやるか、
どう生きていくか、
会社の流れやシステムをもっと良い物を作り出す為に改善していく方が先だし、
そのほうが生産性も上がると思っています。

私の親戚や祖母もB型なので、
育て方は常に「勝ったかor負けたか」
の勝ち負けにこだわる育て方をされました。
娘の成長を見ていると、
そんなものにこだわってケンカしたりする必要なんて一体どこにあるんでしょう?
きっと今までの私はそんな自分の意地が傷つくのが嫌で「勝ちor負け」に執着していたのかもしれません。

うちの娘のように、
これからはGoing my way,
「なるようになっていく」の持論でやっていきたいと思います。
自分の悪い所はちゃんと直す努力をしていきます。

人に理解されて認められるには、
ブレない自分のアイデンティティー(Identity)が必要です。
私たち夫婦は何を大切に考えて仕事をするのか、
どんな核たる自分をもって生きていくのか、
よく二人で話し合いをしながら仕事をしてるのですが、
みなさんも自分の核になるものは何なのかを日頃考えてみたらどうでしょうか?

それは、きっと人間関係のトラブルになった時、
乗り越えていく為の助けになると思います。

ファイル 19-1.jpg


娘を育てている様で逆に私は教えられることが沢山あります。
-------------------------------------------------------------------------------

素晴らしいお客さん

バッグのオーダー製作を始めて早くも2年がたちました。
色々な方達に出会い、成長させてもらっています。
最近、忙しく色々な事が起きます。

先日、
お得意様から急ぎのオーダーを頂き、
なるべく早く作ってほしい!と言われました。

その日の深夜3時までかかって、そのバッグを仕上げました。

ところが、次の朝にそのお客様からのメールを見たら、
「やっぱり違うデザインにしたい。」と・・・

えっ?
そうなんですか?
もう作っちゃったよ・・・
夜中までかかったのに・・・
がーん!

しかし、
たまたま別件でメールをした別のお客様にこの話をしたら、

そのバッグ欲しい!
譲って!
というありがたいお申し出が!

「ちょうどその形のその大きさの物がほしかったの!」
と、お買い上げ頂く事になりました。

私は感激しました!
彼女は私が深夜まで頑張っている事を察してくださって、
電話を頂きました。

「今、about Namiは色々あると思うよ。
色んな人がいるからねー。
でもね、
そのお客さんのこと嫌いにならないで。
ちょっとわがままが出ただけだと思うから。
私がそのバッグを買いたいから元気出して!
私はabout Namiを応援していくから!
きっと物事って
「捨てる神あれば拾う神あり」だと思うよ

今の経験している理不尽さや辛さや思う通りに行かない事は、これからいいお客さんが残って行く為のステップと思って頑張ってほしいな。
元気でたかな??

と言って頂けました。ありがたくて、涙が目からどんどん溢れて、
流れて、流れて、
電話を切ったあと仕事部屋で一人
「わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
がんばってやるーーーーーーーーーーーー!!
わーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

と久しぶりに叫びました。

その日の夜に、別の方からも、
「あなたは、よくやっていると思うよ。
ちゃんと努力を見てくれている人がいれば、まだまだ頑張れるよ!!
ファンが一人いたら、その一人を大切にしていくんだよ!!

と背中を押されたすばらしい日でした。

私は毎日、
まだまだだけど、
でも頑張って作るからね!
って思いを込めて作品を作っています。

私は支えてくれるお客様の為に人間を磨いて行こうと思いました。

ファイル 18-1.jpg

こういう凹む事が会った時は、
バッグ作るのもうやめようかなぁ〜
って思ったりします。
でも、そういう時にはいつも誰かが励ましのエールを送って下さいます。

本当に、ありがとうございます!


すべてのお客様に感謝!です。
-------------------------------------------------------------------------------------------

すばらしい職人さん

私には素晴らしい職人、Aさんがいてくれて本当に助かっています。
ワンマンな性格でまだまだ拙い技術の私について来てくれて、
いつも感謝しています。

数年前、私がまだパターン検定の勉強中、
Aさんは私の通う洋裁教室の先生の一人でした。
私はパターンを引くのがヘタクソで
「もう!全然駄目だ!どうして上手く出来ないんだろう!」
といらだっていた時に、そのAさんから大変為になる事を言って頂き、今でも忘れません。

「私だって最初から出来た訳ではありません。
なみさんと同じ道を歩いてきて今がありますよ。
何度も何度も失敗をしてそれでも練習を重ねて来て今があるんですよ。」
そう言われた事を思い出すと、
今でも目に涙がじわ~とこみあげてきます。

「もし、人生が90年としたら、今やっている勉強や辛い事を後になって思い返せば、
たったの2年や3年なんて、90年の時がきたら、ちっぽけだと思いませんか?」
と教えてくれました。

なんて素晴らしいお言葉!
20代の私は何かある度に
「もー!!腹立つ!!キー!!」
とすぐに頭に血が上る性格。

かたやAさんは私より6つも若いのに、
腕はピカイチ、
仕事に対してすごく真面目で冷静!
ひたむき!

文句の一つも言わない!!

本当に彼女の言う通りだと思います。
とても勉強になりました。
今は、くじけそうになった時、まずは主人に八つ当たりと普段の鬱憤をぶつけて(笑)
このAさんの言葉を思い出して、
心を冷静にして、
手を洗ってから仕事に取りかかる様にしています。

主人は、
「行きづまったら、ひと呼吸おいてから仕事をする。急ぐのと焦るのは違う」
といつも言います。
内心「うるさいな、わかっているし」
なーんて思っていますが、本当に大切な事だと思います。

考えてみれば、私は今まで結果を出す事を急ぎすぎていたかもしれません。
何事も焦りは禁物です。
もっと気持ちに余裕を持ちたいと思います。

最近の主人も素晴らしいと思います。

感情の起伏が大きく、
気合いが長続きしない私は、ストレス発散の対象はいつも主人。

先日も文句や不満をまくし立てて八つ当たりすると、
主人は
「よし!いいぞ!他に言いたい事はないか!??
もっとぶつけろ!!もっと言え!!俺でよければなんぼでも言え!!」
結婚してから4年目。なんてすばらしい人なんだろうと初めて(笑)思いました。

あらためて見渡せば本当にすばらしい人に囲まれて私は幸せです。
皆様本当にありがとうございます。

これからは、
今まで以上に人に感謝する気持ちを大切にし、
謙虚な心で、
他人と自分を比べる事無く、
自分の人生を一歩一歩歩んで行こうと思います!

今年は、色々な人にきちんと挨拶をして新年を迎えたいと思います。

私に関わっている皆様のお陰で私は生活出来ているのですから。

------------------------------------------------------

夢について パート2

映画が友達みたいな子供時代。

私はこういう職業に就きたい!と、ころころ変わっていました。
小学生のときは「獣医」
でも、犬と猫のアレルギーがひどくて断念!それに勉強が得意ではなかったのでそもそも無理でした。

中学生の時は小説家かジャーナリスト
家族に言ったら「お前みたいな勉強の出来ない子には無理」と言われて凹んでしまい、
それ以来口に出す事はありませんでした。

高校生の時は海外に住んでみたい。
「住んで何をするのか」まで全然考えてなかった私。
浅はかだったなって思います。
18歳でオーストラリア・シドニーにワーキングホリデーで住んでいました。
英語の勉強にはなりましたが、今思えば他にももっとやるべき事があったなと思います。
良い思い出以外に言葉が無いです。

それから帰国して観光ホテルに就職をしましたが、毎日が忙しくて夢も何も無かったです。
観光地だったので、外国人のお客様も多く、英語を生かして仕事ができるだけマシかなとは思いました。

その時まだ、ジャーナリストになりたくて、その時会ってみた人達に聞いてみたい事を自分の「ネタ帳」に書き留めたり、その作業はまだ好きで今でも続けています。


もし自分がハリウッドスターに会ったらこんな事を聞きたい。

テレビを通してインタビューする人の質問を見ていても私には物足りない。

なので、もし私がインタビュアーだったらこんな事を聞いてみたい事をまとめてみました。


会ってみたい人

ファイル 16-1.jpeg
サイモン・ベイカー(Simon Baker)
彼はオーストラリア・タスマニア出身の俳優です。

素敵な笑顔♡に立ち居振る舞い。
そう言われている事には慣れていると思います。
画面を通して彼を見ていても、あなたの長年の下積みや努力があって今があるとい苦労をを見せないかっこよさを感じます。

so, I have a two questions

1. What is the question that you really want to hear for get to know yourself?
(自分を知ってもらう為にこういう事を聞いて欲しい。という質問は何ですか?)

2. What are the things that can be proud of myself now because there've been doing thing like this in your life?
(あなたの人生でこういうことをやってきたから今のPersonarity(パーソナリティ)があると自負出来る物はなんですか?)

---------------------------------------------------------

Page