Entry

Blog Top > 8

幸せって何だっけ??(笑)

今日は仕事でした。
毎日仕事していますが(笑)

今日仕事をしていて昔の昔に東京で仕事をさがしていて、
某広告代理店に面接に行ったことがありました。
かなりの調子のいい中年男性で
色々情報を聞き出したくせに落とされて
かなり腹が立ったことがありました。
そんなことがあった記憶が蘇ってきた一日でした。
今では「縁がなかった」と思えますが
若かった私は
「あの男!!調子いい口調で何なの!?」って思いました。

東京は私には無理な都市でした。
憧れて行った東京でしたが、
友達もいない。
寂しい。
物価も高い。
結局はすっからかんになって帰ってきました。
札幌に引越し・転職して結婚しました。

札幌での就職活動時代面白い会社がありました。
今でも印象に残っ ています。
面接のときに
「あなたの大切にしているものは何ですか?」と聞かれてびっくりしたことがありました。
志望動機や今まで何をやってきたのか、
どんな人生を歩んできたのかはある程度頭の中でシュミレーションしていましたが、
何を大切にしてきたのかなんて
考えたこともありませんでしたが
私は正直に答えました。
「私は正直、誰か安心できる人と家庭を持ちたいと思っています。
今まで両親とあまり折り合いが悪くてずっと苦労してきました。
なのでこれからは自分を大切に生きていけたらいいなと思います。
こんなんじゃない・こんなことばかり。。。な人生は終わりにしたいです。」
と答えたら
「では、その幸せのために具体的にどんなことを気を付けていますか?」
と聞かれて
「今の私には考 え付きません。
自分を長い間探し続け暗中模索しながらやってきたものですから。。
やり直せるなら夫婦喧嘩や恨み妬みのない両親の元で育ちたっかった。。。ですかね。。」
と答えた若かりしき私(笑)
今でも聞かれた面接官のことを思いだすと目頭が熱くなることがあります。
結局その会社ではまたまた不採用(笑)だったので、
みなさんどんなことを答えるのかちょっとだけ教えてもらったことがあります。
ほとんどの男性たちは
「家族を大切にしている」と答えたそうです。
でも具体的にどう家族を大事にしているかを答えられた人はいなかった。。
と話していました。
このことを思いだして主人に面接してみました(笑)
「今の人生と家庭は自分の全てだ」と言っていました。
自分の 全てなんだ。。。。と言っていました。

皆さんは自分の恋人やご主人、パートナーを具体的にどのように大切にしていますか?
私のイメージは一緒に仕事をしているみんなや家族と大勢で食卓を囲みたいです。
みんなでたくさん笑ってたくさん食べておいしいワインを飲みたいです。
私の友達もうちの家族もみんなで食卓を楽しく囲みたいです。
近いうちにできたらいいな💛と思っています。

これが、私の具体的に大切にしている人間関係を「食卓」という形で表したいです。
昔、東京で働いていたイタリアの貿易会社のファミリーは家族を大切にしていました。
テレビでもイタリアのファミリーは
庭で赤チェックのテーブルクロスをひいて
ワイン片手にみんなで笑いなが ら食卓を囲っている
あの姿は本当に素晴らしいなと思います。
いつかそんな環境を作れたらこんな幸せなことはないと思います。

ファイル 181-1.jpg
映画「ジュリエットからの手紙」
この映画のシーンで家族で食事をするシーンがでてくるのですが、それこそが私の幸せのイメージです。

良かったら見てみてください。

明日も頑張ります。
ファイル 181-2.jpg

今年の総決算

今年も色々ありました

ファイル 172-1.jpg

工場でBBQしたり。
主催者は欠席しましたが。。。(笑)

参加した皆さんが楽しかったかな??
楽しい思い出になったらそれでよし。

来年もいい年になればいいな。

今年は整備工場新設して1年。
主人もスタッフのみんなもよく頑張ったと思います。

誰一人雪にはうんざりしながらも仕事に対しての弱音を吐かず一生懸命責任をもってやってくれました。

感謝です。

About namiの方もナミの日、7月3日にオープンしてから早いものでもう半年。

来年からスタッフ増員してまた頑張ります。

職人・スタッフには感謝です!!
今年一年お世話になりました。

また来年もよろしくお願いします。

ファイル 172-3.jpg

お久しぶりです^^

ブログ書くのがかなり久しぶりになってしまいました。

忙しかったのと
身内からどうやら私がブログに悪口を書いたと・・
聞いた親戚か知り合いか私は会ったこともない人だからわからないんだけど、
どういういきさつなのかよくわからないのですが、
とにかく悪口を書かれてた!!と騒いでいる人がいるから
そういうことはやめた方がいいと身内に言われすっかり書く気も失せていたというのが本音です。
その悪口を書いているよとうちの親戚に告げ口した人も
何をわかって言っているのか知らないけど余計なことするなあ。。と思いました。
まあ。
別に何をどう言われても私はいいんですけどね。

こんな好き勝手書いているブログなんて
誰も読んでいないと思っていたからちょっとびっくりです。
当たり障りのない絵日記みたいなブログも平和でいいんですが、
私の気ままに綴っているブログは
私のストレス解消みたいな部分があるから
ちょっと毒があったり
きついこと書いたり
へこんだり
これからも正直に書いていきたいなあ。。
って思っています。

さて、
余計な人のことは置いておいて。。
昨日で仕事納めでした。
職人・スタッフに挨拶を済ませて
あとは来年を迎えるだけとなりました。
大掃除もささっと手の届く範囲で済ませました。

あとは来年やります。

今年は来年の目標なんて持ったってどうせできないだろうし
考えるのやめようと思っていた矢先に
本当はこうありたいっていうことが頭の中を駆け巡った。

「本当は自分が出合いたいと思える人に自分がなること」
です。

今の自分には本当に足りない心のゆとりや品位。
品位のある素敵な女性と来年こそは会いたいな。って思いました!!
今年もそういう方がいなかったわけじゃないんですが
来年はそういう出会いを少しでも引き寄せられる女性になれたらいいなって思いました。

40歳までに
心のゆとりと品が少しでも持てる女性になれたらいいですね。
どうしても気の強い部分が前に出ているのは自分でもよくわかっているだけに
自分が至らない部分が多すぎたな。。
忙しさにかまけて自分のことに時間をかけてこなっかったので
来年は家計や保険の見直しをしていこうと思っています。

今年お世話になったお客様
本当にありがとうございました。
店をオープンしてから充実した忙しい毎日でした。
また来年もがんばりますので宜しくお願いします^^

ファイル 171-1.jpg

あっという間に5月。。

はやいですね。もう五月になってしまいました。

私は相変わらず忙しくしていました。
今年は店を自宅から主人の新設した工場のとなりに自分の店を持つことになりました。
おうちショップとしてこの6年ずっとやっていたのですが
今年は店舗を持つことになりました。

ファイル 166-1.jpg

主人からの結婚記念日プレゼントになりました(笑)

出来上がって中をディスプレイしてみないと何とも言えない状態なんですが、
詳細が決まったらまたお知らせしたいと思います。
営業時間やその他いろ いろなど。

私の気持ちとしては嬉しいのもありますが、
もう後戻りはできないな。。(笑)
なんて気持ちも多かったりします。

そもそもバッグの仕事を独立して6年になりますが、
趣味で終わらせようか。。
それとも本当に店を持とうか。。悩みながら歩んだ6年でした。

なんとかおうちショップにしたいと思い、
インテリアコーディネーターの方に相談して玄関をプチリフォーム。
あれは一番うれしかったです。

でもお客さんに「売店」みたい。。
「店っていう店じゃないしね。。」と言われたこともあり、
たまに頑張ったのにこんな傷つくこという人がいるんだ な。。。と思ったり。。
どれだけやれば認められるんだ。。。
そんな葛藤もあるなか、
小さい子供たちの子育てにも追われ。。
そんな店なんていう夢も 薄れていたときに、
主人から工場新設の話も決まり、
自宅から工場への仕事場の移行。
私も店を持たないか?ずっと店が欲しいって言っていただろう?
と言われて決めました。

ファイル 166-2.jpg

中の様子。まだ建設中

そういえば、
私小学生の時から雑貨屋さんが夢でした。

建設中の店を見たとき、
叔母が言っていた言葉を思い出しました。
叔母はどんなに小さな店でもいいから自分で持ちたかったと
若いころ私に言っていました。

私もいつかはおうちショップや売店や店っていう店じゃない立ち位置から脱却したいと
思っていたことを思い出しました。
今はそんな意地でやる店じゃなくて、
来た人がみんな前向きになれるような空間だったり、
なんかほっとするような空間だったり自分もそうですが、
癒 されるような店を職人と作っていきたいと思っています。
私が在籍できないときは
職人さんと私で交代で店を開ける予定でいます。
時間帯や商品の大まかな仕事のことは打ち合わせしていますが、
またちゃんと決まったらお知らせします。

今年も忙しくなりそうです^^
ファイル 166-3.jpg

卒業

卒業式のシーズンですね。

我が家も上の娘がもう少しで卒園を迎えます。
自分が若かった時のことも思い出して
いろいろ今日は書いてみようと思います。

春になると暗くなった気持ちも心機一転!!
新しいバッグやお財布を持って前に進もう!!
という前向きな人が多いです。
私の職業柄いろんな相談もされます。
たくさんの苦労や悲しいこと。
いろいろ私自身も勉強になることも多いです。
そんな私はどうやったらそういうつらい思いをしている人達に
何ができるだろう?
とも思いました。

私が高校卒業式の日に
校長先生が式辞を述べていた言葉を思い出しました。

「みなさん、今まで悲しいこともあったでしょう。
  つらいこともたくさんあったでしょう。たくさん頑張ったこともあったでしょう。
 この三年間よく頑張りましたね。卒業おめでとうございます!!」

https://www.youtube.com/watch?v=CB4EgdpYlnk

と言ってくれたことがあります。
若かった私は涙が次々と溢れて今までのつらいことはこれでもう終わり。。
と自分で自分を元気づけていました。
今で も校長先生のあの言葉を思い出すと胸が熱くなります。

その当時は就職難で
テレビでも話題になった年でもありました。
父が経営していた会社の建築業界もバブルが崩壊し家計は火の車。。。
母親はいつも
「今月も給料がない。ない。また無いんだけどどうしてくれるのさ!?」
とい つもイライラしていました。
その当時いた妹もまだ幼く家族も冷え切っていたと思います。

学校に内緒で
私もアルバイトをして自分のおこづかいは自分で稼いで本当に頑張りました。
働くことの大変さや面白さを学んだ青春時代、
お金で人が狂 うことも目の当たりにしました。
まだ10代だったけど米びつにお米がないつらさ。。
下着はいつも穴の開いたボロボロなものを履いていました。。。
それがつらいとは思わず、
買えるようになったら買えばいいと思っていました。
お金がないなら働けばいいと思っていましたから。。

それでも私の辛さはまだ続きました。

自分の夢だった自分のブランドのオーダーバッグ、「about Nami」の会社を立ち上げました。
それから自宅の玄関の一角を開放してミニショップを作りました。

それまでも軌道に乗るまで大変だったけど
小さいころから小さくてもいいから自分の店がほしいと思って毎日奮闘していました。
それでも中には
「ここは店っていう店じゃないからね。」と
何気なく言われた一言にすごくショックを受けたこともあります。

それから上の娘も二歳になり、
私に二人目不妊症が発覚しました。
仕事も多忙でまだ二人目は。。とも思っていましたが
もちろん一人よりは二人と思っ ていましたからね。
頑張ってもなかなか妊娠しない中
「二人目はまだ?」と言われて
「本当ね、言われなくても頑張っているんだよ!!」と思った 気持もありました。
今でこそ二人いますが、
「三人目は??」ともいわれることもあります(笑)
無理無理(笑)

このようにどんな時も
自分はできていないくせに何かを言う人は必ずいるし、
結果を出した人がいう言葉とは違い
結果を出していない人が発言することにはなかなか納得ができない部分もあるし、
今では
私はまだ言われるだけ花だ!と思います(笑)
もう、
どんどん年を取ると
「あー、ハイハイ」なんていう扱いになっていくものです(笑)

何を言われてもショック受けたり、
泣いたり悲しんだりする自分はもう卒業。

https://www.youtube.com/watch?v=apIqbOQZNj4

私みたいに
いろいろなことがあって無気力になったり、
なんとなく気持ちが悲しくなってしまった方たちにエールを送れるような
ソウル溢れる作品をこれ からも職人さんたちと一緒に頑張っていきたいと思います。

人生は楽しんだ人の勝ち!!

最近、お客さんに言われたことです。
楽しめばいい。
楽しもうとすればいい。
人生は楽しんだもの勝ちなんだよ!!
と。

本当にそう思います。

卒業を迎えた皆さま、
ご卒業おめでとうございます!!
素敵な春を迎えてください^^

 
ファイル 165-1.jpg
ファイル 165-2.jpg

今日この日のために

今日は娘の6歳の誕生日です。

ファイル 164-2.jpg
この写真は去年の夏に一緒に映画を見に行った時に撮影したものです。
この子の小さな背中にはどんな未来が待っているのだろう?
と思いましたし。
それに私がバッグ屋さんなのに
シャネルのバッグはやめようよ(笑)
とも思いました。。

そして私のバッグにはどんな未来が待っているのだろう。
とも思いました。
これからどうなっていくんだろう。。。

 
すごく緊張しながら毎日仕事をこなしています。

今の自分は正直。。
「自分には何があるんだろう?」
と悩み落ち込むときもあります。
前回、この話題でお客さんと盛り上がったのですが。。(笑)
もしこのブログを読んでいたらきっと笑っているだろうな。。(笑)

私は職人肌タイプでもなく
一つのことに全力投球タイプでも。。
そうでもないところがあります。
常に新しいものを考えるのが好きで
自分ではやらず職 人さんたちの技術に助けながらやっています。

自分でやるのもいいんですが
それに時間を費やすとほかのことができなくて、
経営面や自分の仕事にパートもあります。
何でもかんでもやるのは無理が あります。
サンプルを作ってこういう感じに仕上げてほしい。
というサンプルづくりはやりますが、
ほとんどのことは職人まかせ。。

そうやっていると今度は自分が何が長けているんだろう??と思うのです(笑)
人生の流れで経営者をやっているだけなのに。。
なんでこういう生き方しかできないんだろう?
と思う時もあるわけです(笑)

そういう悩みを総合して税理士事務所で社会復帰したという理由もあります。

バッグ作りと経理業務が(私にとってはあまりにも)かけ離れていて
頭の疲労感や
髪の毛をめくると白髪だらけな自分に疲れたり。。
次から次へと悩みの連鎖は続くわ けです(笑)

こうやって書くと冷静になれておもしろいですね(笑)

 
私。。
本当は娘に自分が誇りが持てるようになりたいと思って頑張っています。
好かれたい気持ちはないわけじゃないけど、
頑張った結果
娘が私を嫌っ てもしょうがないと思っています。
でもやれるだけのことはやってみようと毎日奮闘しています。


ダメならダメでそのとき考えようと思います^^

あー!すっきりした。

読んでくれている方がいたら
こんなくだらないブログにお付き合いいただきありがとうございました!!

https://www.youtube.com/watch?v=z8GPsfS5pAw

日の目を見れるその日まで。。

ファイル 164-1.jpg

2016ブログ

今日も忙しい一日でした。

前に忙しい、忙しいというのはやめたほうがいいという指摘をうけたことがあったな。。
「心を亡くす」と書いて忙しいのと言うのだと。。。

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
始まりましたね。
2016年。
昨年もいろいろありました。

本当はもっとちゃんとブログを更新したかったですが、
ついつい寝る前に洗濯を。。
寝る前に明日の準備を。。なんてやっていたら
眠たくなってしまっ て寝てしまったり。。
書くことへのプレッシャーや毒舌すぎるのかなあ。。?
とちょっと気にしてみたり(笑)

パートに行っている税理士事務所も
一年がたちとても勉強させてもらいました。
今年もたくさん勉強する時間を作れたらいいなと思っています。

ファイル 161-1.jpg

今年も早々そうですが、
昨年は一生懸命さがまだまだ足りなかったように思います。
できる限りのベストは尽くしたつもりではあったけど、
自分の体力の無さや
突然の娘たちの流行りの病気で看病したり。。
自分もクリスマスにおたふく 風邪を娘からもらって寝込んでしまったり。。(笑)
本当、死ぬかと思った!!
自分の力や精神論ではどうにもできないこともたくさんありました。

家事に仕事に子育てに自分の会社の経理業務。。
毎度毎度、
やることがたくさんあって
一つ一つ片づけても
終わりのない仕事量にうんざりしたり。。。
自分なりに周りに配慮して考えて動いても
思うとおりにビジネスを軌道に乗せられなかった歯がゆさや。。
その反面
もっと成功している人と話がしたい。。
もっと前に向ける刺激がほしい!!
なんて思うこともあれば、
自分がやりたい勉強や読みたい雑誌も本 も我慢して
翻弄した結果がこれだけなの??
と思うこともあったり。。

そんな一年でした。

https://www.youtube.com/watch?v=9JBIzFGy4EU

もちろんいいこともありました。

お客様にはいつも助けられて生かされていることも多々ありました。

もうabout namiを休眠したいかも。。。
なんて思うこともありました。
正直、
体にも精神的にもビジネスを続けるだけの
強い精神力はこれ以上保てないかも。。

そんな弱気になったこともありました。

でも、
そんなときにいつも郵便受けには
お客さんからの手紙がたくさん届いているんです。
いつもいつも
やめたいなんていう浅はかな考えでいるときは
いつも励ましの手紙だったり、
プレゼントだったり。。
たくさんの勇気が詰まったプレゼントがいつも私の手元に届いて、
「辞めるわけにはいかない」と
私の精神を奮い立たせるのです。

嬉しかったです。
バッグを見ているだけで幸せな気持ちになります。

「頑張ったぶんだけ幸せが待っているよ!!」

「あなた以外の代わりになる人が一体誰がいるの??
あなたはあなたなのよ。
今、頑張っていることがすべて幸せし全部つながっているのよ」

と書かれている手紙が何人もからもらいました。

決まって私が弱気になっているときに。。

そしていつも辞めるわけにはいかない。

と思いながら一生懸命頑張っています。

今年も浮き沈みの激しいこんな私にお付き合いしてもらえれば嬉しいです。

かわいい次女も二歳になりました。

私は今が一番充実していて、
今が一番母親としてもとても楽しい毎日だと
子供たちが私に気づきを与えてくれたと思います。

今年も宜しくお願いいたします。
ファイル 161-2.jpg

遠くの親戚より近くの他人

ことわざ

遠くの親戚より近くの他人

血の繋がっている親類であっても、
遠く離れて暮らしていれば
行き来も少なくなり、
情も通わなくなるもので、
万が一
急を要する出来事があった場合に助けられることはない。
でも赤の他人であっても、
自分の近くにいる人のほうが、
かえって力になってくれるということ。
「遠い親戚より近くの他人」ともいう。

そういう意味です。
情の厚い私は
いつもこの言葉を教えてくれた
裏のおばあちゃんのことを思い出します。
私にはもう親戚は祖母や叔母、いとこしかいなく
みんな離れていてなかなか会えないでいます

最近、
知り合いの方が病気で入院していて
ずっと会えていないです。
元気なのか。。
大丈夫なのか。。。
「お父さん」って呼んでいた人だったので
すごく心配で
もし何かあったらどうしよう??
なんて勝手に悪い事を考えて泣いたり。。
そんな今日この頃です。

口数の少ないお父さんで、
私は自分の親より好きでした。
家に遊びに行ったら
だまって私にジュースや
くれるものなんでもくれたり(笑)
「ビール飲まんか??」と言ってくれたり^^
どこか旅行に行ったら
おみやげ買って来てくれたり
口数は少ないけどやさしいお父さんです。
以前に外で会ったときは
「オイ、風邪引いてないかあ?きいつけーやー」って言ってくれたり、
本当にお父さんだって思っていました。

しばらく会っていないから元気かな?って思います。

ちょっと私の父親の事を思い出しました。
実の父親は私が2歳の時に離婚してそれっきり。
今自分が子供を持って思うのは
親と言っても合う、合わないがあるから
きっとあまり縁がなかったんだろうな。
って思います。
でも一度も怒られた記憶がないくらい
やさしい父だったような記憶がなんとなくあります。
それが一人目の父親。。

二人目の父親が祖父
私を引き取って
母が再婚するまで育ててもらいました。
とても真面目で
お酒が一滴も飲めなくて(笑)
脳梗塞、認知症であっという間になくなりました。
もう寂しさはありません。
でも生きていて
ひ孫の顔をみせたらさぞかし喜んだろうな。
って思うときがあります。

最後が母の再婚相手が父親でした。
前に話した事ありましたっけ??
父には最初の結婚の時の娘さんがいて、
父のお葬式の時に会いました。
何回か会った事があったけど、
子供の時だったし。。
むこうも結婚してお子さんもいました。
私はこの娘さんがいい旦那さんと結婚して
幸せな家庭を築いてくれた事がすごく嬉しかったです。
父親のせいで離婚をして
離ればなれになった辛さを私には理解出来たから。
私はお葬式で
彼女の旦那さんに会った時
「ごめんなさい。本当にごめんなさい。
来てくれてありがとうございます。
本当に、本当にありがとうございます」
と言った事があります。

これが人生の中で熱く人に謝った事です。
今の所は。。(笑)
泣きながら、
鼻水たらしながら
「許してください」の気持ちで
旦那さんに謝りました。

ファイル 154-1.png


その旦那さんも泣いていて、
私に首をふって
「いいんです。大丈夫です。いいんです」
って言ってくれました。
私は長女として
血のつながりは無くても
謝らなくてはいけないってその時強く思いました。

父の娘さんとも一緒にごはんたべながら
色々お互いの今までの人生の道のりを話したり、
「パパがいい奥さんと再婚してくれて良かった」
って言ってくれて嬉しかったです。
その後、
実家に子供さんを見せに寄ってくれたりしたみたいだし。

中には血のつながりにこだわる人や
そういうの許せない!!他の女の子供でしょ!!って思う人もいるかもしれません。
うちの家は
全然そう言う事を気にしないのです。
私も気にしていないのです。

生きていたら
人間過ちをおかすことだってあると思うのです。
でもあの時の父のお葬式で
みんなに会えて色々な誤解がとけてよかったと思っています。

これからも
どこかの冠婚葬祭で会ったときは
また別の話ができるのかな??って思います^^

そして
この事を前の会社で働いていた上司に話した事があります。
色々言い合いもしたけどいい上司で
「それは苦労したな。
そうやって会ってまた普通に話せるなんて人間の大きい娘さんだ」
って言ってくれました。
その上司も札幌から車を飛ばしてわざわざ葬式に来てくれました。

今思えば私の為に動いてくれた人がたくさんいました。

ホテルで働いてたときの同僚も来てくれましたし。。
泣いてたな。。彼女。。

もう最後の父も亡くなって7年立ちます。
私にはつい最近の事の様に思います。

色々父とのことでは三人ともあったれれど、
親で苦労はしたけれど、
結果オーライじゃないかと思います。

次の世代、
私の子供達のために私は強くあり続けて行きたい。

今はそんな気持ちです^^
ファイル 154-2.jpg
-----------------------------------------------------------------------------

今年も。。

今年ももうあと一日。。本当にはやかったです。

昨年はいつも来年はもっと頑張る!!
もっともっと!!
っていう気合いがあったんですが、
今年は来年の事を具体的にどうするとか、
何をするとかの目標をたてていたのですが、
今年は
「一切決めない」事にしました。
変に目標を決めてやろうとして
出来なくて
自分や主人に幻滅したり
疲れたりしたくない。。

あと私の中で決めた事は
もう無理をして仕事をするのは辞める。。
長女のときは
会社も設立したばかりで
何でもやらなければいけませんでした。
それこそ
お客さんなんか選んでいるような立場ではありません。
夜中も寝ないで働きました。
(今も変わっていないですが。。笑)
でも今年は
私の方は嫌なお客さんやうるさいお客さんにも
すごい我慢をしてきました。
自分の心を殺し、
苦しくて
泣き出すぐらいまで我慢してまでやりました。
でも来年は辞めます。
そこまで自分が苦しい思いをしてまで
楽しくないオーダーや作品作りは辞めようと思います。

本当にそのへんは苦しい一年でした。
他にもいいお客さんがいるのに
ほんの数人の嫌な人に振り回されて。。
我慢の限界までに達して。。
そこまでしてやるのは辞めようと思います。

ファイル 149-1.jpg

 
あくまでも自然体でいこうと思います。

 
私にとっては新しい事です。
「何も決めないで行く」だなんて新しい生き方です。。

自然体に出来ない事は私には向いていない事。。
すっと自然体に出来る事は向いている事。。

今までは人から言われた一言、一言に
すごく振り回されたり、
疲れたり、
時には泣かされてきました。

でも私が嫌う自分よりうんと年上の方(私の母親世代)が
自分たちの言う事を聞かせようとしたり、
ぎゃんぎゃん騒いだり。。
すごく嫌だな。。
うるさいな。。
って思っていました。

でも、
冷静になって考えてみれば、
それは今だけの話ではないのかな??
自分の母親の事を思い返しても。
ぎゃんぎゃん
どうでもいい事を
わざわざ大きな声で騒ぎ立ててうるさいな~
って思った事もありました。
なぜあんなに大きな声で話さなければいけないの??
とかどうして
あんなにぎゃんぎゃん騒ぎながら世間話するの??
って煩わしいと思っていました。
でも母も年老いていた時がありました。
そういう事を考えると、
自分もいずれ年をとって
若い人への世代交代が来る日が必ず来る。。

そういうぎゃんぎゃんうるさいな。って
思っていても
ずっとは続く事ではありませんでした。
そういう人はそういう人。。
いずれ年老いて静かなるときが必ずやってくる。
私自身がそういう器を持ってもいいんじゃないか??

ファイル 149-2.jpg

 
そういう風に考えられる様になりました。
いつまでも
人を嫌ったりしていては私もまだまだ子供(笑)
実際私なんかまだまだ半人前なんですけどね。
半人前なりに
人生色々あって悩む事も多いんです!!

なので、
一つまた学ばさせて頂いたと思います。
冷静になれないからいけないんだなって。。

本当は「ありがとう」の気持ちを持つべきなのは私自身なのです。

皆様、よいお年をお過ごし下さい。
今年はいろんなことがあったと思います。

辛かった事もあったと思います。

悲しい事もあったと思います。

すべては大人になる為の階段だと思って私は前に進もうと思います。

今日、
職人と話していたのですが、
何事も「ほどほど」に頑張るのが一番、
なにごとも
「ほどほど」がちょうどいい!!

なるほど!!(笑)

うまいことを言うなって思いました!!

ファイル 149-3.jpg
-------------------------------------------------------

お盆

お盆になるといつも胸騒ぎが起きます。

私には父親が二人いて、
一人はもう結婚してすぐに癌で他界しました。
実の父親は
私が小さい頃に離婚し、
それっきり会っていません。
叔父が地元で見かけた。
という話を聞きましたがそれ以降はどうなったのかわかりません。
でも不思議な話なのですが、
私は小さいながらも(多分2~3歳くらい。。)
父親との最後の別れをなんとなく覚えているのです。
車の中に私は助手席に乗っていて運転は母、
夜で。。
なんとなくやばい雰囲気で。。
母が泣きながら私に
「なみ、パパにバイバイしなさい」って言われ、
「バイバイ」って言うと父が
「ママの言う事を聞いてね。じゃーねー」って言われた気がします。
それっきり父とは会う事がなかったです。
本当の記憶かどうか33年も前のことなのでわかりませんが(笑)

祖父も私が18歳の時に脳梗塞で他界しています。
とても真面目で
いつも自分を犠牲にしてでも子供や私たち孫にはベストを尽くしてくれた祖父でした。
私は祖父の事を
「お父さん」
今でも生きている祖母のことを
「お母さん」
と呼んでいます。

なので、
私は残念な事に3人の父を亡くしています。
母に
「あんたはいつもいつも親の死に目に合えない。どうしてそうなの??」
と言われた事がいつも胸に詰まっていました。
本当、どうしてなんでしょうね。。
祖父のときは学校の授業中に息を引き取りました。
父親は私と主人が着替えを取りに札幌へ帰っている途中で。。
実の父はもう別れてから一度も見た事も無いです。

もし、私と同じような事で
後悔をして悲しい思いを引きずっている方がいたら??
と思い書く事を決めました。
私もどうして。。
と責められてもわからず、
お坊さんに聞いた事があります。

死ぬときは
本人が死ぬタイミングを選んでいるそうです。
会えなかったのなら
父親達は私にその姿を見せたくないという事らしいです。
そして泣いている私にこう言ってくれました。
あなたは自立した女性だ。
と言ってくれました。
悩んで、
泣きながらでもこうして答えを探しにやってきている事は素晴らしい。
と言ってくれました。
私みたいに自立していることが本当の親孝行だ。
と言ってくれました。

私は
上の子供(4歳)に
まだ小さいけど、
なんでも自分でやるように教えています。
私が死んだら
なんでも自分でやらなければ行けないし、
いつか親元を離れて一人暮らしする日がくるんだから。。
今は洗濯物を干したりたたんだり、
文句はたまに言われますが
手伝ってくれています。

親が死んでも
自分は大丈夫という姿が
親が一番安心するそうです。
親になった私もそう思います^^

ファイル 112-1.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=0Nlddpg4kKc

懐かしい名曲♡

私の人生、
これからもっともっと色んなことがあると思います。

敵が出来て一人前とも言われたこともあります。
嫉妬されたり
意地悪されたりしたら
それだけ自分が成長していると思いなさい。
祖父がよく言ってくれました。
祖父とお別れの時、
姉が
「お父さん、ありがとう。育ててくれてありがとう」って
泣きながら言っていた言葉を思い出すと
今でも泣きそうになります。
育ててくれてありがとう。。
誰かが育ててくれたから今自分が生きていられる事に
ありがたいと思って下さい。

私のお客さんが、
職場の上司にタイミングみて子供作りなさいよ。って言われて
嫌な思いをした。とか、
私も経験ありますが、
子供産んで仕事なんて実際問題無理でしょ??
辞めた方がいいよ。
と私も上司に言われました。

自分が母親のお腹の中にいて、
そういうことを言われてどう思いますか??
全部聞こえています。
もしお腹の中の赤ちゃんに聞こえたらどう思いますか??
無理でしょ??
なんて言っているあなたもお母さんが
苦しい陣痛に耐えて産まれて来たんですよ!
といいたいです。

そうやってみんな産まれて死んで行くんだなと思いました。
私のお盆の胸騒ぎ。。


ファイル 112-2.jpg

三人の父を亡くしました。2歳の時、18歳の時、30歳の時。

私はきっと強くなるために産まれてきたんだと思います。
前にもお話しましたが、
私がやっているお店が
世の中に何かを生み出してくれたらなって思っています。

元気出して頑張ります^^

ファイル 112-3.jpg
------------------------------------------------------------------------------

Page