Entry

Blog Top > 2014年12月18日

THE 師走

私はこの師走の時期が大嫌いです。

子供の頃からいい思い出が無いです。
昔々、ある日のこと、
サンタクロースを信じていた私は朝、
起きたらクリスマスツリーの前にプレゼントがある事を
ずっと信じてきました。
ある日両親から
「サンタ??いるわけないじゃん」
って言われてから
子供心に
騙されたと思い
傷ついた(笑)

それから私も思春期の中学生になって
父親と話すのがうざったくなって、
家族や家庭そのものが
毎日が暗くてつまらなかった。
私の場合は両親が離婚して、
父親とは血がつながっていなかったものだから余計、
そういう
反抗したくなる気持ちもありました。
もし、
きちんと
なぜ離婚して、
なぜだめになったのか??
なぜ再婚したのか。。。こういう父親と!!?

みたいな様々な理由を教えてもらえたら
もっと変わっていたのかもしれません。
私の子供ながらの経験上、
離婚は悪い事ではないと思います。
むしろ
仮面でお互いの気持ちに嘘をついて
不幸せでいるくらいなら
別れたほうがいいと思います。
その時に納得した理由だったらよかったのにな。。。
って35歳になった今でも
思う事があります。

ファイル 148-1.jpg


なので、
私は今子供達に
「サンタクロースはフィンランドにいる」
いないわけではない。
外国にいる。
ちょうど道産子ワイドで
サンタクロースが
「今年は戦争や紛争で大変だったね」
って中継をしていたので、
二人にそれを見せました(笑)
せっかく抱いた夢を壊したくないので、
クリスマスプレゼントは
私たち親がプレゼントをしています。
特に
うちにはサンタは来ないの??
とも言われていないので、
そのままにしています。

あと、
子供の前で昔、
大きな大きな喧嘩をして
恐い思いをさせてしまったことがあります。
祖母や叔母や姉も巻き込んで
大変なことをしてしまったので、
あれを機に本当に反省をして
今は一切夫婦喧嘩はしていません。
話し合いはよくしています。
勉強と同じで
疑問に思った事は主人に聞いて、
納得するまで話し合いをして
コミュニケーションだけは
うざったがらないでなんとかやっています(笑)

それが思った様に進むか進まないかは
別問題として、
相手が何を考えて
どういう実行を把握するべきなのかは
共同生活なので
知っておこうと思っています。
幸い、
いい主人で
私の失敗や失言は責めないでいてくれます。

わたしの父親は酒を飲んでは暴れて暴力を振るう人でした。
もう死んで仏になったからこういう話をしますけど、
今なら少し気持ちもわかります。
様は「ストレス」だったのです。
会社を経営して
20年くらいだったでしょうか??
母親がまったく父の仕事を把握していないし、
父も家庭に仕事を持ち込む人ではなかったのですが、
私も実際会社を経営して
父の気持ちがよくわかります。
車を買えば車税、
法人税、
税金、
家を持てば固定資産税、
社員やアルバイトを持てば
人件費。。
これをどんな形であれ
20年やるのはとても大変なことです。
そこで酒に溺れて暴れるのはどうかと思いますが、
並大抵のことではありません。
今ならよくわかります。
その忍耐力や精神力。
私だってたまに
すべてを捨てて逃げ出したいって思う事がよくあります(笑)

そのいやな思い出も
ちょうどクリスマスとかその12月という時期でした。
父の誕生日も12月で
誕生日プレゼントをあげても
「こんな安物。。」
って言われて
子供ながらにショックを受けた事もありました。

ファイル 148-2.jpg

でもその経験があったので、
男のストレス。。
早めに気がついてあげるようにして、
家族でお風呂(スーパー銭湯)に行ったりして
リフレッシュするようにしています。
経営経験豊富な方というか、
うーんと年上のお客さんも
あーしたら?
こーしたら?と
よくアドバイスしてくれます。

大変ありがたいんですが(笑)
口で言う事程簡単な事はありません。
じゃあ、
ご自分が会社持ったときに
そうしたらいいんじゃないでしょうか??
って思います。

前の私は、
嫌なお客さんに
嫌だってわからせてやるんだ!!
ってけんか腰だった部分もあります。
でも、
もう今はそんな気力が無い。。
そんなことにすら気にかける気力も無い。。
状態です。

先日、
お客さんとも話していたんですが
来年は無理をしないでやっていこうと思います。

オーダーのラストスパート頑張ります!!

ファイル 148-3.jpg
------------------------------------------------------------------------